ソーラー照明とは

ソーラー照明(太陽光照明)とは

ソーラー照明とは、日中に太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換し、バッテリーに蓄えて電源として利用する照明器具のことです。夜間になれば自動で照明を点灯し、あらゆる場面で日常的に使用されています。すべての製品において、電気・配線工事が不要なのが特徴です。

ソーラー照明の仕組み

ソーラーLED照明の基本的な構造は3つの部位で構成されています。

1)ソーラーパネル
太陽光を集める部位です。太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換する役割があり(発電)、蓄電池と繋がっています。
2)蓄電池(バッテリー)
ソーラーパネルで発電された電気エネルギーを蓄える役割があります。夜間になるとLED照明へ電気を供給します。弊社製品の多くはLED照明に組み込まれたものになっています。
3)LED照明
蓄電池からの給電により、夜間(日没)にLED照明が点灯し、広範囲に光を照らし、明るさを届けます。

ソーラー照明の種類

▼ソーラーパネル一体型
ソーラーパネルとLED照明・バッテリーが一体型のソーラー照明で、スリムでスタイリッシュなデザインが特徴です。
▼ソーラーパネル分離型
ソーラーパネルとLED照明・バッテリーが分離型のソーラー照明で、ソーラーパネルが太陽光エネルギーを効率よく変換できるように、ソーラーパネルの角度を変えられるのが特徴です。

ソーラー照明のメリット・デメリット

メリット
・電気工事が不要で、太陽光が届く場所であればどこでも設置可能。
・ソーラーパネルの寿命は20~30年ほど持つので、メンテナンス費が頻繁に発生せず、電気代がかからないため、ランニングコスト(バッテリー交換)で安くなる傾向にあります。
デメリット
・バッテリーの寿命は2~5年ほどのため、定期的な交換が必要。
・曇りや雨の日は発電量が落ちるため、ソーラー照明を設置する際に、その場所の日当たり時間などを考慮する必要がある。